おすすめ映画

【オール・ユー・ニード・イズ・キル】死ぬと時間が巻き戻る能力で戦闘のプロに成長【あらすじ&感想】

オール・ユー・ニード・イズ・キル

<画像引用元:映画.com

一度見たイベントシーンはスキップ

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』をレビューしていきます。

何回死んでも時間が巻き戻って蘇る。

そんな摩訶不思議な状況に巻き込まれてしまった軍人が主人公のお話。

軍人とはいっても広報担当で戦闘経験ゼロな彼は嫌でも戦わなければならない状況になってしまい、当然ヘタレを見せつけます。

主人公を演じるのは「ミッション・インポッシブル」などでおなじみトム・クルーズ

危険なスタントも自らこなしてしまうほどのアクションスターが戦いが怖くて逃げ出そうとするのはなかなか面白い光景です。

でも、死んだら時間が巻き戻ることを利用して経験を重ねることでぐんぐん戦闘のプロに成長していくのが楽しいところ。

詳しくご紹介します。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

地球外生命体”ギタイ”によつ侵攻を食い止めるべく設立された部隊UDF

戦地で死亡した主人公は次の瞬間、時間が巻き戻っていた

時間のループを利用してぐんぐん経験を積み重ねる

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の監督・キャスト

[上映時間:113分]

監督/ダグ・リーマン

脚本/ダンテ・W・ハーパー

製作/ジョビー・ハロルド 他

キャスト

ウィリアム/トム・クルーズ

リタ/エミリー・ブラント

ブリガム将軍/ブレンダン・グリーソン

ファレウ曹長/ビル・パクストン

カーター博士/ノア・テイラー

あらすじ

近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイムループの世界にとらわれ、戦闘と死を繰り返す。そんな中、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会ったケイジは、彼女と一緒に何度も戦闘と死を繰り返しながら戦闘技術を向上させ……。

シネマトゥデイより引用

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た感想

死んだら時間が巻き戻ってやり直せる能力を手に入れた主人公が強大な侵略者に挑むストーリー。

その特異な状況を利用して一度は敗れた戦いに向けてトレーニングを重ねるというのが面白い。

しかも少し先に未来に何が起きるのかを知っているので、それに合わせて戦略を練るという、まるでゲームで何度もセーブポイントからやり直すような感じ。

一歩間違えればちょっと安っぽい感じにもなりそうですが、敵として登場する”ギタイ“のこだわり抜いたデザインや時間をループさせる能力のギミックをしっかり活かしたストーリー運びで完成度の高い作品となっています。

地球外からの侵略者との戦いに送り込まれた結果、身についた能力とは

オール・ユー・ニード・イズ・キル<画像引用元:映画.com

突如として地球に落ちてきた隕石。

その中には謎の地球外生命体”ギタイ“が入っており、彼らはその強大な力と連携によって次々と地球を侵略していきます。

そこで人類は新型の機動スーツを開発し、それを用いて戦闘を行うUDFという部隊が設立されます。

しかし、それでもなおギタイの侵攻は留まるところを知らず、激しい攻防が続いていたのでした。

これが大まかな舞台設定で、主人公であるウィリアム少佐はロンドンの基地を訪れるのですが、それはアメリカ軍のメディア担当としての仕事。

そんな戦闘とは無縁の彼に突然、フランスの前線で取材してこいという命令が下りてしまいます。

逃げ出そうとする彼でしたが、強引に捕らえられてしまい、二等兵に降格された上に今度は前線に取材どころか戦闘員として行かされるハメに。

敵の攻撃は想像以上で、仲間が次々に死亡し、逃げ腰だった自分も襲われてしまいます。

なんとか敵の一体を撃破するも、降りかかる敵の(何やら強酸性のような)血を浴びて死亡。

ところが次の瞬間、目が覚めると戦地に向かう前の状態に巻き戻っていたのでした。

それから何度も戦場に行っては死に、行っては死にを繰り返す中、UDFの中で英雄視されているリタという兵士に出会います。

何かを悟った彼女はウィリアムに「目が覚めたら会いにきて」と告げるのでした。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

時間のループを利用して経験を積み重ね、反撃開始

オール・ユー・ニード・イズ・キル<画像引用元:映画.com

どうやら話によると、リタもかつてはウィリアムと同じ境遇でしたが、今はその力が無くなったとのこと。

そして、やつらを完全に滅ぼすには核となっている”オメガ“と呼ばれる存在を倒す必要があり、それを手助けしてほしいと持ちかけられます。

とある一つの核を叩けば膨大な数の敵を一網打尽にできるというのはよくある設定ですが、その居場所を察知できるのは例の能力を得たウィリアムだけという状況。

そんなわけで、未だ戦闘を嫌う彼ですが渋々協力することに。

そしてここからリタが教官となって戦闘訓練が始まります。

ウィリアムは死ねば時間が巻き戻りますが、彼だけは記憶が保持されます。

これを利用して、時間をほとんどかけずにフランスでの戦いまでに成長しようというわけです。

この訓練が面白くて、どうみても危険すぎる訓練用のマシーンで重傷を負って動けなくなるたびにリタが彼を銃殺して”リセット”。

元の時間に戻ると言っても痛みや恐怖はある上、またリタとの初対面からやり直しというウィリアムだけにかかる手間もあります。

こうして地道に成長していくウィリアムはすっかり戦闘のプロになり、いよいよやつらを滅ぼすべく立ち上がります。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

時間が戻るギミックを利用しつつもテンポのいい構成でスッキリ

オール・ユー・ニード・イズ・キル<画像引用元:映画.com

死ぬと時間が巻き戻るという面白い設定ですが、それをしっかり活用しつつもテンポが悪くならないよう配慮されているのが好印象。

主人公ウィリアムはリタとの訓練が特にそうですが、頻繁に死んでは戻り、死んでは戻りを繰り返すことになります。

そうすると、前回はここまで事を進めたが何かしらミスをしたために死に、またやり直しということになるわけです。

ウィリアムにとってはまた目が覚めて、リタに事情を説明して理解してもらって訓練をはじめて・・・と何度も同じことをやらなければなりません。

でも観ているこちらとしては同じシーンを何度も何度も見せられるのは辛い。

というわけで、そういうところはばっさりカットして目的の場面から即スタートするような構成になっています。

ゲームで前のセーブポイントからやり直してすでに見たイベントシーンが飛ばせなかったらイライラしますよね?

本作ではそのようなことはないというわけです。

これがまたよかったところで、最後までスッキリ観られます。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

みんなの評価

他サイトでの評価は以下のとおり。

Filmarks/星3.7

Yahoo!映画/星3.95

映画.com/星3.7

トム・クルーズ演じるウィリアムがタイムループを利用して次第にたくましくなっていくのが面白かったという声多数です。

VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

まとめ

ここまでをまとめると、

地球外生命体”ギタイ”によつ侵攻を食い止めるべく設立された部隊UDF

戦地で死亡した主人公は次の瞬間、時間が巻き戻っていた

時間のループを利用してぐんぐん経験を積み重ねる

いかがだったでしょうか。

死ぬと時間が巻き戻るというおもしろ設定かつ、最後までだれずに観られる配慮が行き届いた良作となっています。

また、敵であるギタイのデザインも秀逸で、金属質の触手に覆われた見た目に、高いスピードと攻撃力、読みにくい動きが凶悪なクリーチャーです。

やつらとの戦闘はまさに激闘で、アクション面でもしっかり楽しめる作品です。

それでは!

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

ナイト&デイ
【ナイト&デイ】凄腕スパイとたまたま巻き込まれた一般人のバディアクション【あらすじ&感想】<画像引用元:映画.com> どちらにとってもいい迷惑 映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です...
ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です