おすすめ映画

【ブライトバーン】強烈なグロ描写で見せる人体破壊、ヒーローなどいない【あらすじ&評価】

ブライトバーン

<画像引用元:映画.com

反抗期の子どもに力を与えるとこうなる

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は『ブライトバーン/恐怖の拡散者』をレビューしていきます。

スーパーパワーを手に入れた男の子がスーパーマンじゃなくヴィラン(悪役)になってしまったらどうなるか?

という実験的な内容の本作。

常識を超えた力を手に入れたらその力を使って人々を助ける正義の味方に?

そんなのは理想論だ、と観るものの顔面に現実を叩きつけてさらにぶん殴るような新感覚スリラーとなっています。

気に入らない大人を無慈悲に抹殺する男の子を演じるジャクソン・A・ダンに震え上がりました。

詳しくご紹介します。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

スーパーパワーを持つ男の子はヒーローにはならなかった

主人公を演じるジャクソン・A・ダンの演技に注目

強烈なグロ描写に妥協なし

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』の監督・キャスト

[上映時間:91分]

監督/デヴィッド・ヤヴェロスキー

脚本/ブライアン・ガン

製作/ジェームズ・ガン 他

キャスト

トリー・ブライアー(母)/エリザベス・バンクス

カイル・ブライアー(父)/デヴィッド・デンマン

ブランドン・ブライアー/ジャクソン・A・ダン

メリリー・マクニコル(叔母)/メレディス・ハグナー

ノア・マクニコル(叔父)/マット・ジョーンズ

あらすじ

子供を待ち望んでいたトリ(エリザベス・バンクス)と夫カイル(デヴィッド・デンマン)は、ある赤ちゃんを自分たちの子供として育てることにする。ブランドンと名付けられた男の子は夫妻にとってかけがえのない存在になるが、12歳になると普通の人にはない恐ろしい力を見せ始める。

シネマトゥデイより引用

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』を観た感想

スーパーパワーを持った男の子がスーパーマンにならなかったら?

必ずしも正義の味方になってくれるとは限らない、そんな現実を見せつけられました。

主人公の男の子ブランドンを演じるジャクソン・A・ダンの演技が素晴らしく、冷たい眼差しで容赦無く大人たちを抹殺する姿が怖すぎました。

そしてその殺害シーンの作り込みもポイントで、眼球にガラスが刺さったり、顔が切断されて下顎が取れてしまったりとかなりグロテスク。

苦手な人もいると思いますが、ブランドンの残酷さが際立っています。

異星からやってきた男の子を養子に

ブライトバーン<画像引用元:映画.com

子どもができることを夢見るブライアー夫婦。

ある日、家の近くで赤い光と衝撃が走ります。

それは空から落ちてきた宇宙ポッドで、中に入っていた男の子を養子として育てることに。

スーパーマンと全く同じ展開ですね。

その後もスーパーマンよろしく、12歳になった男の子ブランドンは超人的な怪力、高速移動などを発揮するようになります。

両親は彼が異性からやってきた存在であることを隠していましたが、自分のからだの異変に不安がるブランドンに打ち明けることにします。

と、何から何までスーパーマンそのまんまにストーリーが進みます。

それではこの後は青いスーツと赤いマントを着て世界中を飛び回り、人々の命を救うヒーローに?

いえいえ、彼はそんなお人好しじゃありません。

ここからがスーパーマンと違うところです。

ブランドンのもつ危険な思想が招く悲劇

ブライトバーン<画像引用元:映画.com

両親はブランドンの乗ってきた宇宙ポッドを納屋の床下に隠していましたが、彼はそこから謎の声を聞きます。

それは地球上の言語ではありませんでしたが、彼はだんだんとその言葉を理解します。

「世界を奪え」と。

危険な思想を持ち始めたブランドンはどんどん人が変わっていきます。

力をコントールしようとも思わない彼の機嫌を損ねるとさあ大変。

周囲の気に入らない大人たちを次々に抹殺し始めます。

クラスメイトの母親、抹殺。

叔父も抹殺。

そして父も抹殺。

圧倒的な力で突き進むブランドンの殺戮を止めることはできるのでしょうか?

ジャクソン・A・ダンの恐ろしい演技

ブライトバーン<画像引用元:映画.com

ブランドンを演じるジャクソン・A・ダンの演技が素晴らしい。

作中では成績優秀で物静かな感じのブランドン。

そして超人的な力を用いて次々と殺戮を繰り返すところでは冷たい表情で無慈悲。

頭がいいけど何を考えてるか読めない怖さ。

ジャクソン・A・ダンは見事にその恐怖を表現してくれました。

瀕死の相手がじわじわと死へ向かってゆくのをただただ冷徹な眼差しで見つめるところはほんとに怖いです。

妥協なしのグロ描写がブランドンの無垢な残虐性を引き立てる

ブライトバーン<画像引用元:映画.com

後半はブランドンの殺戮ショーが続きますが、殺害時のグロ描写がかなり凝っています。

クラスメイトの母親が邪魔になり殺害するところでは、眼球にガラスの破片が刺さるところがかなりキツいです。

刺さるだけにとどまらず自分で刺さったガラスを抜くところまで見せてくれるんですが、悶えながらゆっくり抜く様子をしっかりアップで映します。

いやもう、そんなにしっかり見せんでいい!と叫びたくなるくらいの描写です。

他には車に乗った叔父を車ごと空中から叩き落とすシーン。

その衝撃でフロントガラスにぶつかり、顔面が横に真っ二つに。

そして下顎がぱっかり取れてしまうんですが、それを自分の手で支えようとするんですよ。

その様子がまた痛々しく、目を覆いたくなります。

ブランドンによる殺害シーンはとにかく残酷。

容赦ない人体破壊で盛り上げてくれます。

グロ耐性がない人は要注意。

みんなの評価

他サイトでの評価は以下のとおり。

Filmarks/星3.2

Yahoo!映画/星3.06

映画.com/星3.1

ストーリーの深みは感じられないものの、強烈なグロ描写を気に入った人が多いようです。

VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

まとめ

ここまでをまとめると、

スーパーパワーを持つ男の子はヒーローにはならなかった

主人公を演じるジャクソン・A・ダンの演技に注目

強烈なグロ描写に妥協なし

いかがだったでしょうか。

圧倒的な力でもって殺戮を繰り返すブランドンは恐ろしいですが、見ていて気持ちいいくらいの暴れっぷりです。

人体破壊の描写がリアルで、高速タックルや熱光線など、超人的な力を身に受けたらどうなるかをしっかり見せつけてきます。

スーパーマンのアナザーストーリーという感覚で、ぜひ一度ご覧ください。

それでは!

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

マン・オブ・スティール
【マン・オブ・スティール】スーパーマン誕生の秘密、妥協なしの戦闘シーンが圧巻【あらすじ&評価】<画像引用元:映画.com> 鋼鉄の男 映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。 今回は...
ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です