解説&考察

【デッドプール2】本編で語られなかった謎を解説!ユキオって結局何者?

 <引用元>ムビッチ | 映画がもっと面白くなる映画情報サイト

ユキオが謎すぎる

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は「デッドプール2」に登場する主要キャラクターたちの謎について解説したいと思います。

デッドプール2、面白いですよね。アクションもコメディ要素も振り切れてて、いつまでも観ていられそうです。

しかし!ただ面白いだけで終わってはもったいない!

骨の髄まで味わい尽くすべく、最後まで鑑賞してもわからなかったいくつかの謎に迫ります。この記事を読み終わったら、きっともう一度観たくなるはずです。

面白かったけど謎だらけ〜

では参ります。

この記事はネタバレを含みます。まだ観ていない方はこちら↓
【デッドプール2】ファミリー映画なのにR-15!?みどころ5つ【あらすじ&レビュー】映画『デッドプール2』オフィシャルサイトより:参照 デップーはやっぱりデップーだった 映画が大好きです。もじやま...


<謎①>ケーブルってなんで機械の体になったの?

 

はじめは、未来からやってきた激渋おじさん、ケーブルについて。

彼の体の一部は機械でできており、近未来的な大型銃器を軽々扱う、まあいわゆるサイボーグってやつですね。

本編では登場した時点からこの見た目をしていますが、

ああ、なんかわからんけどそういう能力のミュータントなのね、おk

と視聴者はひとまず納得できるかもしれません。

ですが、オフィシャルサイトの説明では、“テクノウイルスに感染””機械と融合した体”とあります。つまり、ミュータント能力ではなく、ふつーに(?)サイボーグなのです。

テクノウイルスとは

人間のからだに入り込み、徐々に機械のからだへと変えてゆく特殊なウイルス。その後、感染者は死に至ります。

ケーブルがテクノウイルスに感染したワケ

ケーブルはある人物によって、赤ん坊の頃にテクノウイルスに感染しました。

その人物とは、最古のミュータントであるアポカリプス

アポカリプスといえば「X-MEN:アポカリプス」に登場する強敵ですが、サイコキネシスを操るミュータント、ジーン・グレイによって倒されています。

ケーブルはアポカリプスがそのまま世界を支配する未来にいました。

ケーブルの出生について

ケーブルの本名はネイサン・クリストファー・チャールズ・サマーズ

このサマーズという苗字、どこかで聞き覚えがありませんでしょうか?

実は、ケーブルはサイクロップスことスコット・サマーズの息子なのです。そして母親はジーン・グレイ

この両親を持つケーブルは、父と母それぞれの能力を引き継いでいます。つまり、目から光線を出したり、サイコキネシスを使ったりできるわけですね。

めちゃくちゃ強いやんこのおじさん・・・

しかし、テクノウイルスに感染している彼は、その強大な能力のほとんどを機械化の進行を抑えるのに使用しています。

なので、普段は自身の持つ能力を発揮することはなく、機械化したからだを逆に利用した戦法をとっています。

<謎②>ドミノって結局ミュータント?ただ運がいい人?

 

次は運をあやつる能力を持つセクシーアフロ、ドミノについて。

本編では、運がいいことが能力といえるのか、デッドプールとドミノが口論になるシーンがあります。結局最後までその点ははっきりしませんでした。

実は、ドミノはとある極秘実験の生き残りで、そのときに能力が発現しました。

つまり、デップー同様、人工的に能力が付与されたミュータントなのです。

新たなミュータントをつくり出す極秘実験

ドミノは「プロジェクト・アルマゲドン」というアメリカ政府の極秘実験の被験者でした。

この実験の結果、生き残ったのはたった2人。その片方がドミノです。

これがどういった実験なのか詳細は不明ですが、デッドプールことウェイドが参加していたような、人工的にミュータントをつくり出す実験だったのではないかと思います。

多くの被験者が命を落としていく中、実験に耐えきり、生き残った上に能力を発現することができたのがドミノというわけですね。

そう考えると、ドミノは能力を得る前から強運の持ち主だったのかもしれませんね。

ある意味最強の能力かも

運がいいって、考えてみたらすごく強いんじゃないかと思うんですよ。

どんな強敵を相手にしても「運がいい」を理由にあらゆる好都合な状況をつくり出せるわけで。

単純にパワーがぶつかり合う戦いだと力の差が出てきますが、運が良ければそういったことを超越して相手に勝つことができてしまいます。

ぼくもその能力ほしい

いろいろ便利そうだけど万能ではない

運がいいと日常生活でも色々はかどりそうな気がしますね。

ですが、ドミノの能力は彼女がストレスを感じる状況(戦闘、ピンチなど)でないと発揮できないようです。

つまり、自分の意思でコントロールできないんですね。いざという時に助けてくれる能力ってわけです。

さらに、能力を発揮し続けるには制限時間があるのかもしれません。

本編でドミノがトレーラーを運転するシーンがありましたが、途中までは強運を発揮していたものの、後半でブレーキが利かなくなる不運に遭っていました。

<謎③>結局さ、ユキオって何者なの?

さいごは日本人俳優が演じたことでも話題となった、本作で最も謎な人物ユキオです。

彼女はネガソニックのガールフレンドとして登場しますが、あまり戦闘などで活躍する場面もなく、いつもニコニコしているマスコットキャラ的な感じでした。

可愛いけどさ!いったい何者なんだね君は!
ユキオについてはほんとに情報が少ないため、多くはぼくの考えや推測です。

なぜ名前が「ユキオ」?本名?

ユキオと聞くと男性の名前に思えますが、女性です。

デッドプール、ウルヴァリン、プロフェッサーX・・・といった具合に、ミュータントたちは通り名を持っていることがほとんどです。

となると、ユキオも通り名で、本名は別にある可能性がありますね。

しかし、そういった通り名は大抵能力を表すような言葉だったり、人の名前としてつけられることはないような少し中二病チックなものだったりします。

そう考えるとユキオという名前は本名である可能性の方が高いんじゃないかと思われます。

なぜこの名前なのかは不明ですが、外国人の名前から男性か女性か区別するのってたまに難しい時があると思うんですよね。

例えば「アレックス(Alex)」という愛称。これは「アレキサンダー(Alexander)」の愛称ですが、「アレキサンドラ(Alexandra)」の愛称でもあります。どちらかというとアレックスは男性の愛称で使うことが多いみたいです。

「ユキオ」という名前も日本人からすれば男性のイメージですが、英語圏の人からすると女性のイメージも感じるのかもしれませんね。

まあ小難しいことを考えずになんとなく語感がいいってだけの理由かもしれませんけどね!

普段は何やってるの?

オフィシャルサイトには“常にキュートな謎めいた暗殺者”とあります。

これだけです。

一つわかったのは”暗殺者”だということ。彼女のスーツをよくよく見ると、忍者のような出で立ちですね。

もしかすると卓越した身体能力を持っていて、忍者らしく敵地に潜入、暗殺なんてことをしているのかもしれません。

ちなみに、ユキオというキャラクターは「ウルヴァリン:SAMURAI」にも登場しており、そこでは実際、高い身体能力を見せつけていました。

ユキオの能力

着用しているスーツや、ネガソニック達と行動を共にしている様子を見る限り、ユキオも能力を持ったミュータントなのだと推測できます。

また、本編では電気をまとったムチを振り回すシーンがありました。

残念ながら能力の詳細が明かされる場面はありませんでしたが、おそらく電気を操る能力なのでしょう。

VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

さいごに

ここまでをまとめると、

ケーブルはサイボーグだけど実はめちゃくちゃ強いミュータント

ドミノは極秘実験で生まれたれっきとしたミュータント

ユキオは身体能力の高い暗殺者(おそらく)

結局ユキオは謎めいたままですね・・・。

ぼくも気になって仕方ないんですが、いくら調べてもこれ以上の情報が見当たりません。

これはデッドプールの次回作を待つしかなさそうです。彼女の活躍に期待ですね!

それでは!


									
																		
									
																		
									
ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です