おすすめ映画

【ドライヴ】犯罪者の逃走を助けるドライバーが守るべきものを見つける【あらすじ&感想】

ドライヴ

<画像引用元:映画.com

寡黙なドライバーが秘めた熱さ

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は『ドライヴ』をレビューしていきます。

主人公を務めるライアン・ゴズリングの演技が光る、大人な雰囲気漂う作品。

昼間は車の整備士、夜は犯罪者の逃走を手助けする凄腕ドライバーという2つの顔を持つ男。

実は作中、この主人公の名前は一切出てきません。

彼は単にドライバーとしか呼ばれないのです。

そこがこの作品のおしゃれなところの一つで、謎めいた感じもあり、仕事人っぽさが際立ちます。

ポーカーフェイスで仕事をこなす彼が愛するものを守るためにハンドルを握る、ハードボイルドな一作。

詳しくご紹介します。

犯罪者の逃走を助けるドライバーが守るべきもののために戦う

冒頭シーンのユニークかつスタイリッシュな逃走劇に注目

空白を多く取り入れた会話シーンが登場人物の感情を表現

『ドライヴ』の監督・キャスト

[上映時間:100分]

監督/ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本/ホセイン・アミニ
製作/デヴィッド・ランカスター 他

キャスト

ドライバー/ライアン・ゴズリング

アイリーン/キャリー・マリガン

スタンダード/オスカー・アイザック

シャノン/ブライアン・クランストン

バーニー/アルバート・ブルックス

ニーノ/ロン・パールマン

あらすじ

天才的なドライブテクを武器に、昼は映画のカースタント、夜は強盗逃し専門の運転手をしているドライバー(ライアン・ゴズリング)。ドライバーはアイリーン(キャリー・マリガン)にひそかに思いを寄せていたが、彼女には服役中の夫スタンダード(オスカー・アイザック)がいた。ある日、服役から戻ってきたスタンダードがガレージで血まみれで倒れている姿をドライバーが目撃し……。

シネマトゥデイより引用

『ドライヴ』を観た感想

主演のライアン・ゴズリングの良さが存分に発揮されているように感じました。

主人公のドライバーは寡黙であまり表情を変えないのが特徴的ですが、それが本当によく似合います。

まさに仕事人といった雰囲気で、執拗に追ってくる警察から華麗なテクニックで逃げ切る冒頭シーンは必見。

そして作品全体として気に入ったのが、登場人物たちの会話シーンに空白が多いこと。

会話中にふと互いに言葉を発さずに表情だけが微妙に変わる部分があるのですが、それが言葉を使うよりも感情が出ていてとてもよかったです。

犯罪者の逃走を助ける寡黙なドライバー

ドライヴ<画像引用元:映画.com

夜、盗みをはたらく2人組の男。

そして車の運転席でそれをじっと待つ1人の男。

彼は犯罪者たちの逃走を手助けする凄腕のドライバー。

その日も難なく仕事を済ませるとさっとその場を立ち去ります。

この冒頭シーンの流れがまず素晴らしいので、後にこの部分だけ詳しくご紹介します。

昼間は車の修理工やかースタントの仕事をこなし、夜は犯罪者を助ける裏の顔を持つ彼はどの仕事にしても淡々とこなしていきます。

ある日、彼は同じアパートに住むアイリーンとベニシオの母子に出会い、次第に親しくするようになります。

そしてこの出会いが彼の生活に大きな変化をもたらすことに。

守るべきものができたドライバーは戦いを決意する

ドライヴ<画像引用元:映画.com

アイリーンの夫スタンダードは刑務所に入っていて、ちょうど出所してくる頃。

彼は以前、この街のギャングとつながりがありましたが、もう完全に足を洗いました。

スタンダードって変わった名前ですね。

そんな彼に刑務所で貸しをつくっていたギャングたちはまた以前のように”仕事”をしろと迫ります。

このままではベニシオやアイリーンにまで危険が及ぶと困り果てたスタンダードの話を聞いたドライバーは行動開始。

まずはギャングの要求通り、スタンダードに仕事を引き受けさせ、それで貸しをチャラにしてもらおうとします。

しかしそれは罠で、最初から彼を解放する気がなかったことを知ることに。

ドライバーはこの一家を守るべく、ギャングのボスを追います。

寡黙で仕事ことしか頭になさそうな雰囲気のドライバーですが、実はとても人間味のあることが感じられます。

守るべきもののため、多くは語らずただ行動に移す。

そのハードボイルド感が本当にかっこいいです。

冒頭シーンのユニークな演出に注目

ドライヴ<画像引用元:映画.com

冒頭、盗みをはたらく2人組の男を乗せるドライバー。

この逃走劇がユニークかつスタイリッシュでいきなり引き込まれてしまいました。

運転中、ずっとラジオを流しているのですが、どうやらサッカーの試合のよう。

面白いのが逃走の進捗具合と試合の実況がリンクしていること。

例えば、逃走の序盤ではあるチームが得点をリードして「このまま逃げ切れるか!?」と。

そして警察をかなり振り切り、あともう少しのところでは試合終了まで残りわずかという実況。

これはうまいな〜と思ったのですが、さらによかったのが試合終了と同時にスタジアムの駐車場に車を止め、出てくる観客たちに紛れるというスタイリッシュさ。

単に逃走と試合の実況を合わせたユニークな演出かと思いきや、試合終了のタイミングを計るために実況を聞いていたという、しっかり意味があったわけです。

これには完全にやられましたね。

空白を多用した会話シーンににじみ出る感情

ドライヴ<画像引用元:映画.com

本作全体を通してとてもよかったのが登場人物たちの会話です。

何がいいのかというと、普通にセリフを並べるのではなく、途中に空白を多く入れているところ。

互いに言葉を発さずにただ表情を変えるだけ。それもとても微妙な表情の変化。

これが各会話の中によく出てくるんですよ。

これが登場人物たちの感情をよく表していて、下手に言葉で表すよりもよっぽど感情がわかる気がするんですよね。

文字や音声だけじゃなく、映像があるからこそできることだと思います。

改めて映画っていいな、と思わせてくれるような表現でした。

みんなの評価

他サイトでの評価は以下のとおり。

Filmarks/星3.7

Yahoo!映画/星3.71

映画.com/星3.7

主演ライアン・ゴズリングの寡黙な演技がカッコよすぎたという感想多数です。

VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

まとめ

ここまでをまとめると、

犯罪者の逃走を助けるドライバーが守るべきもののために戦う

冒頭シーンのユニークかつスタイリッシュな逃走劇に注目

空白を多く取り入れた会話シーンが登場人物の感情を表現

いかがだったでしょうか。

寡黙な凄腕ドライバーが守るべきもののためにハンドルを握る。

いやもうかっこよすぎます。

そして微妙な表情の変化で見せる登場人物たちの感情。

全体的におしゃれでスタイリッシュな雰囲気ながら、戦闘は結構バイオレンスで激しめというギャップも魅力です。

それでは!

コードネーム U.N.C.L.E.
【コードネームU.N.C.L.E.】相性最悪のスパイ2人がコンビを組む【あらすじ&感想】<画像引用元:映画.com> おしゃれスパイアクション 映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です...
ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です