おすすめ映画

【マン・オブ・スティール】スーパーマン誕生の秘密、妥協なしの戦闘シーンが圧巻【あらすじ&評価】

マン・オブ・スティール

<画像引用元:映画.com

鋼鉄の男

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は『マン・オブ・スティール』をレビューしていきます。

最近ではアメコミ原作の映画が多く製作されています。

特にマーベルコミックス作品を原作とした映画シリーズ(マーベルシネマティックユニバース:通称MCU)が大人気。

MCU系列の勢いに埋もれがちですが、これと双璧をなす存在がDCコミックス作品を原作とした映画シリーズ(DCエクステンデッドユニバース:通称DCEU)になります。

MCUほどではありませんが、こちらも多くのファンを持つシリーズです。

さて、今回ご紹介する『マン・オブ・スティール』はDCEU系列の第1作目となる作品。

アメコミに詳しくない方でもその名前は知っているであろう、スーパーマンが主人公の作品です。

もはやヒーローの代名詞といっても過言ではない存在ですが、監督をザック・スナイダー、製作をクリストファー・ノーランが務め、新たに生まれ変わりました。

迫力のバトルシーンとシリアスな人間ドラマを織り交ぜた大作となっています。

それでは詳しくご紹介します。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

『マン・オブ・スティール』の監督・キャスト

監督/ザック・スナイダー

製作/クリストファー・ノーラン

<キャスト>

クラーク・ケント(スーパーマン)/ヘンリー・カヴィル

ロイス・レイン/エイミー・アダムス

ジョナサン・ケント(クラークの養父)/ケヴィン・コスナー

マーサ・ケント(クラークの養母)/ダイアン・レイン

ジョー=エル(クラークの実父)/ラッセル・クロウ

ララ・ロー=ヴァン(クラークの実母)/アイェレット・ゾラー

ゾッド将軍/マイケル・シャノン

ファオラ/アンチュ・トラウェ

ペリー・ホワイト/ローレンス・フィッシュバーン

あらすじ

ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙(たいじ)することになり……。

シネマトゥデイより引用

『マン・オブ・スティール』を観た感想

スーパーマンといえば、空を飛び、超人的パワーを持ち、目から光線も出す最強のヒーロー。

非の打ち所がないといった感じですが、彼にも人間の心があります。

彼がヒーローになるまでの道のりの中で抱える苦悩を鮮明に描いたのが本作。

これは「ダークナイト」の監督を務めたことなどで知られるクリストファー・ノーランの製作によるところ。

ヒーローがただ単に勧善懲悪の理念の下、強大な敵を倒すというだけでは面白くない、というわけです。

スーパーマンのスーツにも改変があったりと、往年のファンからすると批判もあるかもしれませんが、僕はこの新しいスーパーマン像とシリアスなストーリー運びがとても気に入りました。

その他、超人同士による戦闘シーンが大きな見どころ。

スピードやパワーがしっかり表現されていて、ほんとに漫画の世界をそのまま現実にしたような感じで迫力満点です。

人間ドラマのある重厚な内容、単純な勧善懲悪ではない

マン・オブ・スティール<画像引用元:映画.com

本作はまず、後にスーパーマンとなるクラークの出生直後からはじまります。

彼が生まれたのは地球から遠く離れたクリプトンと呼ばれる惑星。

この星は非常に厳しい環境で、今まさに星ごと崩壊しようとしているところ。

両親はクラークを生かすために専用ポッドにのせて豊かな環境を持つ地球へ向けて発射します。

こうしてクラークは実の両親の顔も知らぬまま、さらには自分が異星人とは知らぬまま地球で暮らすことになります。

このように、いきなり成人したクラークがスーパーマンになるところからではなく、出生〜子供時代から描かれるわけです。

スーパーヒーローのもつ苦悩

製作に携わったクリストファー・ノーランが監督を務めたバットマンが主役の作品「ダークナイト」と同様、本作もシリアスでヒーローのもつ苦悩にフォーカスしています。

クラークは地球に送られた後、偶然居合わせたジョナサンとマーサの夫妻に育てられます。

クリプトン星のことを何も知らないクラークにとってはほぼこの2人が実の両親という感じ。

クラークは幼少の頃からすでに自分に特別な力があることに気づいていましたが、ジョナサンは周囲の目を考え、その力は知られないようにと釘を刺していました。

しかし、クラークは身の回りで誰かが危険にさらされる度にその超人的なパワーを使っており、ジョナサンに諭されていました。

ジョナサンはこの力が周囲に知られることにより、クラークが好奇の目で見られて普通に暮らせなくなることを心配していましたが、クラークは自分の力で助けることができるのに目の前で苦しむ人を見捨てられないと苦悩することに。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

よりスタイリッシュにイメチェンしたスーパーマン

マン・オブ・スティール<画像引用元:映画.com

その後、大人になったクラークは実父であるジョー=エルの遺志を知り、それに応えることを決めました。

そしておなじみのスーツとマントを身にまとい、世界中で助けを求める人々に手を差し伸べることに。

しかし、このスーツがよく知られたスーパーマンとはちょっと変わっています。

全体的に少しメタリックで抑えめの色合い、そして恒例となっていた赤いパンツを除いたことでガラリと印象が変わっています。

コミカルになりそうな要素は一切排除した感じで、本作のシリアスなイメージに合ったデザインになっていると思います。

昔からのファンからすると違和感があるかもしれませんが、僕は結構好みです。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

超スピードとパワーがぶつかる極限バトルが熱い

マン・オブ・スティール<画像引用元:映画.com

本作最大の敵はゾッド将軍という、クラークと同じクリプトン星人。

彼は失われたクリプトン星を再建するため、地球をクリプトン星人向けに環境を作り変えてしまおうとしていました。

これを止めようということで、スーパーマンとゾッド将軍との戦いが起こるわけですが、戦闘シーンの映像が凄まじい。

スーパーマンことクラークのもつ超人的な能力はクリプトン星人ゆえのものなのですが、ということはゾッド将軍も同じようにとてつもないパワーを持っているわけです。

このクリプトン星人VSクリプトン星人という超人同士のバトルが本作の大きな見どころ。

軍隊をも圧倒するクリプトン星の戦士

ゾッド将軍には2人の側近がおり、スーパーマンとの戦いは互いの高速移動と怪力で街も粉々になるほど。

特に見ていただきたいのが、側近のうちの1人、ファオラという女性戦士が地球の軍隊を相手にするシーン。

強大な相手に数で攻める軍隊ですが、ファオラはマシンガンで撃たれまくってもビクともせず、高速移動と圧倒的な力により、武器なしで一瞬のうちに彼らをねじ伏せます。

敵キャラですが、このシーンが本当にかっこいい。

ちなみにスーパーマンと違い、元々持っている能力だけではなく戦士としての鍛錬も行なっているため彼との戦闘でも圧倒するほどの強敵です。

迫力あるシーンを彩る映像表現

ファオラのような魅力的なキャラクターがいることもそうですが、本作における映像表現が迫力あるシーンを支えています。

特に気に入っているのは時折、画面中央付近をアップするカメラワーク。

当然本作は精巧なCGで構成されたシーンばかりですが、このカメラワークによってちゃんとその場で人が撮っている感が出て、映像のリアリティが増している感じがするんですよね。

また光の使い方が特徴的で、画面のどこかが強く光って(太陽光や鏡面の反射など)光の筋が走る表現が多いのですが、この表現も臨場感があって好きです。

ストーリーのほうはツッコミどころもあるかもしれないですが、こういったこだわりが詰まった映像が楽しめる分、それだけでも見る価値ありだなと思います。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

みんなの評価

他サイトでの評価は以下のとおり。

Filmarks/星3.4

Yahoo!映画/星3.43

映画.com/星3.4

昔からのアメコミファンからすると色々と変更点のあったスーパーマン像に違和感を覚える人もいたようです。その反面、圧倒的なスピードとパワーがぶつかり合うバトルシーンに満足できたという意見も多いです。

VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

まとめ

ここまでをまとめると、

スーパーマンの出生や苦悩に迫るシリアスな内容

一新されたスーツによりスタイリッシュに

こだわりの映像で表現された戦闘シーンが熱い

いかがだったでしょうか。

世界中の人々に愛されるヒーロー、スーパーマンを題材にした本作ですが、内容は思ったよりも重めで見応え十分。

また、超人同士の戦闘シーンは迫力満点の映像で、アクション好きならぜひストーリーを抜きにしても観ていただきたい仕上がりになっています。

それでは!

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です