おすすめ映画

【ゴースト・エージェント R.I.P.D】殉職した警官が今度は悪霊を取り締まる警官に【あらすじ&感想】

ゴースト・エージェント R.I.P.D

<画像引用元:映画.com

悪霊はインド料理に弱い

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は『ゴースト・エージェント R.I.P.D』をレビューしていきます。

幽霊が出るアクションコメディといったら「ゴースト・バスターズ」が真っ先に思い浮かびますが、本作も同じ分類。

殉職して霊体となった警官が人間界にはびこる悪霊たちを取り締まるお話。

若い新人と老齢のベテランがコンビを組み、異形の敵に対して特殊な銃器で立ち向かうという、「メン・イン・ブラック」を彷彿とさせる設定。

ストーリーは単純ですが、コミカルなシーン満載かつド派手なアクションが楽しめる作品とあって、頭を空っぽにして観るのにちょうどいいです。

詳しくご紹介します。

殉職した警官が人間界の悪霊を取り締まる特殊警察にスカウトされる

悪霊たちが密かに進める大きな計画とは

悪霊たちがインド料理に弱い設定が笑える、ド派手なアクションも魅力

『ゴースト・エージェント R.I.P.D』の監督・キャスト

[上映時間:96分]

監督/ロベルト・シュヴェンケ

脚本/フィル・ヘイ

製作/デイヴィッド・ドブキン

キャスト

ニック/ライアン・レイノルズ

ロイ/ジェフ・ブリッジス

ジュリア/ステファニー・ショスタク

ボビー/ケヴィン・ベーコン

管理官/メアリー=ルイーズ・パーカー

あらすじ

潜入捜査中に亡くなった刑事ニック(ライアン・レイノルズ)。だが、生前の刑事としての活躍や経歴を見込まれて、成仏できずに現世に紛れ込んでいる悪霊たちを逮捕しては霊界に送還する組織R.I.P.D.のエージェントにスカウトされる。1800年代からエージェントを務めている大ベテランのロイ(ジェフ・ブリッジス)とコンビを組み、次々と悪霊を捕まえていくニック。その後、二人は霊界へと通じているトンネルから悪霊たちを現世に逆流させるという陰謀が進められていることを逮捕者から聞き出す。

シネマトゥデイより引用

『ゴースト・エージェント R.I.P.D』を観た感想

まさにゴースト版「メン・イン・ブラック」。

元々「メン・イン・ブラック」は大好きだったので、本作のノリも同じように楽しめました。

反抗的な新人と頑固なベテランがコンビを組むというところも似ているのですが、本作においてはそれぞれ生きていた時代が全く違うのも面白いところ。

特にジェフ・ブリッジスが演じるベテランのロイは相当昔の保安官だったため、その出立ちは西部劇から飛び出してきたような感じ。

登場する悪霊たちも様々な特徴を持っていて、霊体ゆえに超人的な動きを見せます。

彼らを取り締まる2人のほうも当然霊体なので、アクションシーンはかなり派手で楽しいです。

相棒に裏切られて殉職、悪霊を取り締まる霊界の特殊警察にスカウトされる

ゴースト・エージェント R.I.P.D<画像引用元:映画.com

15年のベテラン警官であるニックは最愛の妻ジュリア2人幸せな日々を送っていました。

しかしある日、凶悪な麻薬密売人を追う任務でアジトに突入して主犯格を追う中、相棒のボビーに裏切られてしまいます。

銃弾をまともに受けたニックはそのまま高所から落下。

はっと気がつくと周囲のすべてがまるで時間が止まったように静止していました。

外に出てみると空に巨大な穴が。

それを見上げると次第に吸い込まれていく吸い込まれていくニック。

ぼーっと身を任せていたら突然体が引っ張られて次の瞬間には真っ白な部屋で椅子に座っていました。

目の前には警官バッジらしきものをつけた女性。

彼女は”R.I.P.D“と呼ばれる組織の一員で、その分署の一つを取り仕切る管理官。

生前優秀な警官だったニックをR.I.P.Dにスカウトする話でした。

R.I.P.Dは人間界に隠れている悪霊をあの世に連れ戻す警察組織。

死んでも仕事を続けなければならないって辛すぎますね。

しかも任期は100年。

新しい相棒とともに挑む悪霊たちの盛大な計画

ゴースト・エージェント R.I.P.D<画像引用元:映画.com

生前、相棒の裏切りによって死亡したニックですが、ここで新しい相棒に出会うことになります。

配属の分署に案内されると、多くの警官がデスクワークに追われていて、その他逮捕された悪霊が暴れていました。

それを見かねて悪霊を撃ち殺す老齢の警官ロイどうやら彼がニックの相棒のよう。

早速トイレ型の移動ポッド(なんでトイレなのか・・・)で人間界へ出動。

死んで以来最初に人間界に戻ってきたニックが最初に目にしたのは自分の葬儀。

出席している妻ジュリアに声をかける裏切り者のボビーの姿が。

急いでジュリアに駆け寄って声をかけるニックでしたが、なぜか他人だと思われてしまいます。

ロイによれば自分たちは姿も声も違って見えているらしく、ニックは小柄なおじいさん。

対してロイのほうはセクシーでリッチな女性。

この差はなんなんでしょうか・・・不服そうなニックが笑えます。

なにはともあれ初仕事にとりかかる2人。

とある悪霊に対処していたところ、奴は隠していた金塊にやたらこだわっていたことに気づいたニック。

これは何かあるということで、ロイが知っている情報屋のもとに。

情報屋に押収した金塊を見せてみますが、ただのガラクタとのこと。

嘘をついていると睨んだニックはあえて金塊を渡して後を追うことに。

すると情報屋が会っていたのはなんとあの元相棒ボビーでした。

悪霊はインド料理に弱い!コミカルかつド派手なアクション

ゴースト・エージェント R.I.P.D<画像引用元:映画.com

「メン・イン・ブラック」が好きな人なら気に入ってもらえるんじゃないでしょうか。

特に面白いのが、悪霊たちの弱点がインド料理という設定。

それゆえ、クミンパウダーを吸い込むと普通の人間だった見た目が本来の姿に戻るという効果が。

弱点とはいっても姿が変わるだけでダメージはないようですが、なんでインド料理・・・?というシュールさが笑えます。

終始コミカルな描写が多めで笑えるのですが、アクションのほうもしっかりしているのが魅力。

霊体同士のぶつかり合いのため、高所から飛び降りたり、ビルの外側を駆け上がったりと非現実的なアクションが満載です。

悪霊を仕留めるため、成仏弾という特殊弾薬を用いて、銃本体のほうも少し近未来チックな変わった見た目。

ロイはまさに西部劇のガンマンのようなスタイルで早撃ちも見せてくれます。

SFっぽい武器とクラシックな戦い方が融合していて、なかなか見応えがあります。

みんなの評価

他サイトでの評価は以下のとおり。

Filmarks/星3.2

Yahoo!映画/星3.00

映画.com/星3.0

「メン・イン・ブラック」ファンからするとどうしても比較してしまいますが、コメディ要素としっかりしたアクションが楽しめたという感想が多いです。

VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

まとめ

ここまでをまとめると、

殉職した警官が人間界の悪霊を取り締まる特殊警察にスカウトされる

悪霊たちが密かに進める大きな計画とは

悪霊たちがインド料理に弱い設定が笑える、ド派手なアクションも魅力

いかがだったでしょうか。

正直、ストーリーは単純明快ゆえにつまらないと思う人もいるかもしれません。

しかし、頭を空っぽにして観る映画もたまにはいいよね、ということでおすすめです。

ニックとロイのコンビのやりとりや、悪霊たちとのバトルもコミカルな要素が多くて楽しいです。

なおかつ霊体ならではの動きを織り交ぜたアクションも魅力。

それでは!

ナイト&デイ
【ナイト&デイ】凄腕スパイとたまたま巻き込まれた一般人のバディアクション【あらすじ&感想】<画像引用元:映画.com> どちらにとってもいい迷惑 映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です...
ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です