おすすめ映画

【最高の人生の見つけ方(洋画)】余命半年の老人2人に生まれた友情、本当の幸せとは【あらすじ&感想】

最高の人生の見つけ方

<画像引用元:映画.com

心で思ったら即行動

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は『最高の人生の見つけ方』をレビューしていきます。

2007年の作品ですが、その後2019年に吉永小百合と天海祐希主演で日本リメイク版が公開されたことでも話題になりました。

今回紹介するのは2007年のほうで、こちらはジャック・ニコルソン(「シャイニング」「ディパーテッド」など)、モーガン・フリーマン(「セブン」「ショーシャンクの空に」など)という往年の名優2人を主演に据えた作品。

余命6ヶ月を宣告されてしまった老人2人が残りの人生でやり残したことをすべてやり切ろうと奮闘するお話。

偶然にも同じ病室となった2人は普段の生活や価値観も正反対。

そんな2人をつないだのは”棺桶リスト“と呼ばれる、人生において達成したいことを書きとめたリストでした。

2人の行動力や明るい笑顔に元気をもらえる感動作、詳しくご紹介します。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

何もかも正反対の老人2人が病室で会う

死ぬまでやりたいことを書き留める”棺桶リスト”

自分の望む本当の幸せに向き合う

『最高の人生の見つけ方』の監督・キャスト

[上映時間:97分]

監督/ロブ・ライナー
脚本/ジャスティン・ザッカム
製作/ジャスティン・ザッカム 他

キャスト

エドワード・コール/ジャック・ニコルソン

カーター・チェンバーズ/モーガン・フリーマン

バージニア・チェンバーズ(カーターの妻)/ビヴァリー・トッド

トマス(エドワードの秘書)/ショーン・ヘイズ

あらすじ

仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は、入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、無謀にも病院を脱出。“やりたいことリスト”を手に、さまざまなことに挑戦する。

シネマトゥデイより引用

『最高の人生の見つけ方』を観た感想

原題は「The Bucket List」。これは本作の要である棺桶リストのことです。

もし自分が余命半年と宣告されたらどうするんだろう?

と考えずにはいられませんでした。

主人公のエドワード、カーターの2人はこの余命宣告に落ち込みはすれど、絶望まではしませんでした。

本当はずっとやりたいと思っていたこと、なんとなく無理だと思って心の奥底にしまいこんではいませんでしょうか?

本作はそんな自分を後押ししてくれるような、希望と元気を与えてくれる作品です。

まったく正反対の2人が旅に出る

最高の人生の見つけ方<画像引用元:映画.com

エドワードは実業家で、秘書もついている富豪。

対して、カーターは普通の暮らしを送る自動車整備工で、妻子や孫とのあたたかい家庭をもつ。

こうした社会的ステータス以外の他、まったく正反対の性格を持つ2人。

そんな2人が同時期に末期ガンにより入院することに。

偶然にも同じ病室になった2人

2人は偶然同じ病室で過ごすこととなり、少しずつ交流するようになります。

次第に2人はよく話すようになり、一緒にポーカーもする仲になるのですが、しばらく経って2人そろって余命半年の宣告を受けてしまいます。

黙り込んでしまった2人でしたが、口火を切ったカーターが発したのは「カード(ポーカー)でもやるか」。

それに対して「その言葉を待ってた」と返して笑うエドワード。

本当はひどく落ち込んでいる2人が強がっている感じがして、観ているこちらも辛い気持ちになります。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

なんとなく書いた棺桶リストを本当に実行する

余命宣告を受けてからもひとまず普段通りに過ごしていた2人でしたが、ある日エドワードが一枚の紙切れを病室で拾います。

それはカーターが書いた”棺桶リスト”でした。

それは自分が人生において成し遂げたいことを書きとめたもので、カーターは本気にしてはいませんでしたが、それを読んだエドワードは自分のやりたいことも書き足します。

そして、なんとエドワードはそれを本当に実行しようと言い出すのでした。

この行動力は実業家であるエドワードらしいなと思いました。

バカげてると一蹴するカーターでしたが、残りの6ヶ月をただ同情や悲しみを受け止めながら過ごすか、それともここを飛び出すを起こすかどちらがいいのかと問いただされます。

そしてカーターの妻バージニアの反対も押し切ってついに2人で旅に出ることに。

棺桶リストはすべて達成できる?

最高の人生の見つけ方<画像引用元:映画.com

元々カーターがやりたいことを書き並べていた棺桶リスト。

エドワードがこれに項目を追加したことで2人の棺桶リストが完成しました。

その内容はこんな感じ。

・見ず知らずの人に救いの手を差し伸べる

・涙が出るほど大笑いする

・荘厳な景色を見る(ヒマラヤ山脈)

・マスタングの運転

・スカイダイビング

・世界一の美女にキスをする

・入れ墨を入れる

この他にも色々あり、老人2人が6ヶ月の余命のうちにすべて達成するのはなかなか骨が折れそうです。

真面目で現実主義のカーターははじめ反対していましたが、エドワードの説得で実行に移すことにしました。

ある種、エドワードがカーターの殻を破ってくれたわけですね。

スカイダイビングやカーレースなど、ハードな内容もこなしていく2人。

このまま棺桶リストをすべて達成することができるのでしょうか?

偶然同じ病室で出会った赤の他人の2人に生まれた友情。迎える結末は感動必至です。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

2人が本当に求めていた幸せとは

最高の人生の見つけ方<画像引用元:映画.com

2人の老人が子どもに戻ったような気持ちでやりたいことをやり尽くす旅。

スカイダイビングやカーレースなど、余命6ヶ月の老人がやるには過激すぎることも多いですが、カーターはこんな自由を求めていました。

数十年もの間家族のために働き続けてきた彼には自分のために使う時間はわずかだったようです。

このカーターの気持ちにはかなり共感できました。

対してエドワードが求める幸せとはなんなのか。それは一筋縄ではいかないものでした。

エドワードがずっと目を背けてきた幸せ

カーターは家族のために長いこと働きづめで、自分のための時間をとれずにいました。

今回エドワードの提案で旅に出れたことで自分の好きなことに挑戦できる自由を楽しむことができました。

エドワードもこの旅を楽しんでいましたが、彼に本当に必要なものは別にあったのです。

それはずっと疎遠になっていた娘と孫と再び会うこと。

カーターはそれを見抜いていましたが、エドワードは今さら会いになど行けないと拒絶します。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

最高の人生を見つけるには

富豪のエドワードと庶民のカーターにはそれぞれが持っているもの、持たないものがあります。

それはエドワードの自由とカーターの家族愛。

考えてみると、お互いにそれぞれが持つものに憧れていたのではないかと思います。

しかし、2人とも心の奥底ではそれを求めていても自分には無理だと諦めていました。

本作はずっと見ないふりをしていた本当の幸せを追いかけ、それぞれの最高の人生を見つけるお話。

みんなの評価

他サイトでの評価は以下のとおり。

Filmarks/星3.9

Yahoo!映画/星4.03

映画.com/星3.8

残り僅かな人生を明るく楽しく過ごす2人の姿に元気をもらったり、最後には涙してしまったという人も多く、納得の高評価です。

VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

まとめ

ここまでをまとめると、

何もかも正反対の老人2人が病室で会う

死ぬまでやりたいことを書き留める”棺桶リスト”

自分の望む本当の幸せに向き合う

いかがだったでしょうか。

エドワードとカーターは人生に悔いを残さないように行動を起こします。

僕も悔いのないように自分の人生を隅から隅まで味わい尽くしておきたい、と思わせてくれました。

自分にとって何が本当の幸せなのか。

普段の生活やしがらみに囚われてそれが見えなくなってしまわないようにしたいです。

それでは!

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です