おすすめ映画

【THE WITCH/魔女】平凡な女子高生が覚醒して殺人マシーンに、キム・ダミの卓越した演技力【あらすじ&感想】

THE WITCH/魔女

<画像引用元:映画.com

この女子高生、危険

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は『THE WITCH/魔女』をレビューしていきます。

とある研究所で育てられた子どもたちが成長し、超人的な能力でもって次々と敵をなぎ倒すバイオレンスアクション。

主人公を演じる新人キム・ダミの卓越した演技力がポイントで、血まみれになりながら笑顔で殺しを楽しむ姿が真に迫っています。

詳しくご紹介します。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

特殊な研究所で育てられた子どもたち

超人的なスピードとパワーで突っ込むバイオレンスな戦闘シーン

主演キム・ダミの迫真の演技が魅力

『THE WITCH/魔女』の監督・キャスト

[上映時間:125分]

監督/パク・フンジョン

脚本/パク・フンジョン

製作/パク・フンジョン 他

キャスト

ジャユン/キム・ダミ

ジャユンの養父/チェ・ジョンウ

ジャユンの養母/オ・ミヒ

ミョンヒ/コ・ミンシ

ドクター・ペク/チョ・ミンス

ミスター・チェ/パク・ヒスン

謎の若い男/チェ・ウシク

あらすじ

ある特殊な施設で育てられ、8歳のときに脱走したジャユン(キム・ダミ)は、記憶をなくし、酪農家の夫婦と暮らし始める。十数年後、平凡な高校生として暮らしていた彼女は、頭の手術が必要になってしまう。ジャユンは、裕福ではない養父母に手術費用を工面してもらうわけにはいかないと、賞金を得るために歌のオーディションを受ける。だが、あるテレビ番組に出演しマジックを披露したために、謎の集団に追われることになる。

シネマトゥデイより引用

『THE WITCH/魔女』を観た感想

本作はじわじわと不穏な空気が流れ始めて後から一気に加速する感じの構成ゆえ、割と平和な前半部分は少し退屈に思えてしまうかもしれません。

しかし、それは終盤のとある展開のための必要な前フリだったのだと観た後に理解しました。

後半からのバイオレンスでハイスピードなアクションは見応え抜群です。

特殊な研究施設で育てられた子どもたちが超人的能力を発揮

THE WITCH/魔女<画像引用元:映画.com

秘密裏に人体実験を行なっているとある研究施設で育てられた子どもたち。

彼らは実験の末に超人的な能力を発揮します。

とは言ってもX-MENのように炎を放ったり、体が再生したりというほどSFチックなものではありません。

普通の人間を大きく上回るスピードやパワーを持ち、そして小さなものを浮かせてコントロールする程度のテレキネシスが可能です。

要するに、割とフィジカルな能力といった感じ。

成長した彼らによるハイスピードなアクションが本作における大きな見どころの一つです。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

一騎当千の超人たちによるバイオレンスなアクションシーン

THE WITCH/魔女<画像引用元:映画.com

常人を超えたスピードにより壁を駆け抜けたり、銃を持った複数人を相手に突進して一気にねじ伏せたりと、超人たちの暴れっぷりが爽快。

特殊な施設で育てられた彼らは基本的に戦いや死に対する恐怖心が薄く、むしろ楽しんでいる節があります。

普通の人間ではまず太刀打ちできないスピードとパワーを持っているので、彼らには隠密行動など不要、とにかく突っ込んでゴリ押しです。

それゆえに鮮血が飛び交うかなりバイオレンスな戦闘。

主人公のジャユンもまた、同じように超人的能力に目覚めることになりますが、キム・ダミの演技も相まって相当な殺人マシーンになっています。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

血まみれアクションに猟奇的な笑顔、キム・ダミの演技力が光る

THE WITCH/魔女<画像引用元:映画.com

主人公のジャユンを演じるキム・ダミは本作が初主演作品であり、また正確には違いますが本作がデビュー作として認識されることも多いようです。

彼女はまだ出演作品の少ない新人ですが、本作のヒットで一気に注目を集めています。

実際、彼女の演技力にはかなり驚かされました。

主人公ジャユンはあどけなさが残る平凡な女子高生ですが、これがほんとに平凡な感じになってるのがすごい。

そしてそこから覚醒して能力を発揮し、複数の敵を一瞬のうちに片付けるところへの切り替わり。

体中に鮮血を浴びつつ、殺しを楽しみながら実行するその猟奇的な笑顔が特によかったです。

まさに豹変、という感じ。

彼女の今後の活躍が楽しみです。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

気になる続編はいつ?

本作は一応「第1部-転覆-」というサブタイトルを持っており、続編である「第2部-衝突-」に続きます。

今のところ正確な公開日はわかりませんが、2021年公開予定とのこと。

さらなる魅力的なアクション、そしてキム・ダミの演技が楽しみですね。

みんなの評価

他サイトでの評価は以下のとおり。

Filmarks/星3.8

Yahoo!映画/星3.88

映画.com/星3.7

VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

まとめ

ここまでをまとめると、

特殊な研究所で育てられた子どもたち

超人的なスピードとパワーで突っ込むバイオレンスな戦闘シーン

主演キム・ダミの迫真の演技が魅力

いかがだったででしょうか。

登場する超人たちは目から熱光線を出したり、手首からクモの糸を出したりはしません。

あくまでも頼りになるのは自らの身体、武器は普通の拳銃やナイフなので、血まみれになりながらの接近戦がかなり見応えあり。

キム・ダミの表情で魅せる演技にも要注目です。

それでは!

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

イコライザー
【イコライザーシリーズ】腕時計のタイマーをセット、デンゼル・ワシントンが悪人を抹殺する仕事人に<画像引用元:映画.com> 20秒弱で5人 映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。 ...
ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です