解説&考察

【アンブレイカブル】母はイライジャの悪事を知っていた?セリフ考察

<引用元>IGN Japan

 

とんでもねぇ悪党だ・・・

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は「アンブレイカブル」に登場する、意味深なセリフをいくつかピックアップして考察したいと思います。

ヒーロー映画としては異質な内容だけあって、一回観ただけでは理解しきれない部分があります。

特に登場人物のセリフはよく考えてみると隠された意図が見えてきます。

それを知った上で鑑賞するとまた新鮮な楽しみがあるかもしれません。

では参ります。

この記事はネタバレを含みます。まだ観ていない方はこちら↓
【アンブレイカブル】普通のヒーロー映画に飽きた?ならこれを観るべし!【あらすじ&レビュー】<引用元>100Suspense.comおすすめのサスペンス映画 このおっさん、ただ者じゃない 映画が大好きです...

 

-----------------------------------------------------------
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
-----------------------------------------------------------

デヴィッドの言う”怖い夢”とは?

悪夢のイラスト

デヴィッドとオードリーの会話

終盤、デヴィッドはオードリーに「怖い夢を見た」と話します。

それに対し、オードリーは「もう終わったわ」と返しますが、この”怖い夢”とは何を指しているのでしょうか。

二人がうまくいかなくなったきっかけ

デヴィッドとオードリーがデートするシーンがありますが、ここでデヴィッドは二人がうまくいかなくなったきっかけを話しています。

「悪夢を見て、君に大丈夫だと言って欲しかったのに起こさなかった」

デヴィッドは“何かがしっくりこなくて”わざと妻と息子を遠ざけていました。

何がしっくりこないんだ!

本当の自分を理解したデヴィッド

悪党を倒し、ヒーローとしての第一歩を踏み出したデヴィッドは、自分という存在を理解することができました。

これによって、ようやく”しっくりきた”デヴィッドは妻と息子を遠ざけるのをやめました。

そこで“悪夢を見て、オードリーに大丈夫だと言って欲しくて起こす”という行動で、二人がうまくいかなくなったきっかけを壊すことにしました。

オードリーもその意図を察して「もう終わったわ」と返しました。

つまり、”怖い夢”というのは具体的に何かを指すわけではなく、デヴィッドがオードリーに二人の関係を元に戻したいことを伝えるための手段だったわけです。

イライジャとデヴィッドの悲しみ

怪獣と戦う巨大ヒーローのイラスト

最後のデヴィッドとイライジャの会話シーン、イライジャが「今朝、まだ感じたか?悲しみを」とデヴィッドに問いかけ、デヴィッドは「いや・・・」と返します。

この悲しみとはおそらく、イライジャが感じていた自分の居場所がわからない恐怖を指しているのでしょう。

本編中、デヴィッドは自身の能力を知り、普通の生活を送る自分とヒーローとして使命を果たす自分との狭間で葛藤していました。

デヴィッドもまた、自分の居場所がわからなくなっていたのです。

この二人の一番大きな共通点かも

デヴィッドはヒーローとして悪党を倒したことで自分の居場所を見つけ、悲しみから解放されました。

イライジャの母は息子の悪事を知っていた?

成人した息子を心配する母親のイラスト

イライジャの母の言葉

ラストシーンでデヴィッドがイライジャのもとを訪ねた時、イライジャの母があらわれ、作品を眺めるデヴィッドに語りかけます。

イライジャの子供時代の回想を除けばこのシーンだけの登場だね

「悪者の目をみて。他のキャラクターより大きいでしょ。これは彼の世の中に対する歪んだ視線を表しているのね・・・。ちょっと人と違う。」

「悪者には2種類あるんですって。ヒーローと戦う戦士としての悪者でしょ、そして本当に怖いのはもう一つの方。悪魔のような頭脳で戦う悪党ですって。」

この二つのセリフ、まさにイライジャのことを言い表しているように感じませんでしょうか。

イライジャを支える母

からだが弱いイライジャはヒーローと戦う戦士にはなれません。

代わりに頭脳で戦う悪党になったわけです。

その後、イライジャの母は息子の苦しむ姿、そしてそれを乗り越える姿を見てきたと続けます。

それは普通に考えれば、からだの弱い息子を支えてきた、ということだと思います。

しかし、前述のセリフを踏まえると、”自分の居場所”を見つけるために自分とは真逆の存在を探し、大勢の人間を犠牲にしたイライジャを受け入れていたとも考えられないでしょうか。

ほんとの悪者は”怖くない”

この疑惑に至る理由がもう一つあります。

目が大きめに描かれた悪者を見たデヴィッドが「怖くありませんね」と言ったのに対し、イライジャの母が「私も息子にそう言った」と返していました。

特筆することもないやりとりに思えますが、「私も息子にそう言った」というのは、イラストの悪者ではなくイライジャのことが怖くない、ということではないでしょうか。

ほんとの悪党が見かけじゃそう見えない、というのはよくある話だよね
VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

さいごに

ここまでをまとめると、

“怖い夢”は夫婦仲を元に戻すためのキーワード

デヴィッドはイライジャと同じ悲しみを感じていた

イライジャの母は息子の悪事を知っていたかも

イライジャの母については確実にそうだとは言えないんですが、考えるほどそうなんじゃないかと思えてくるんですよね。

なんにしろ、こうやってセリフの意味を考えると面白いですし、作品がより魅力的に思えますね!

「アンブレイカブル」、一度観ている方もこの機会にぜひもう一度観直してみてはいかがでしょうか。

それでは!

 

-----------------------------------------------------------
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
-----------------------------------------------------------
ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です