おすすめ映画

【ワンダーウーマン】DCコミックス産の美女戦士!続編公開前におさらい【あらすじ&感想】

ワンダーウーマン

<画像引用元:映画.com

最強美女戦士、爆誕

 

映画が大好きです。もじやま(@mojiyamacinema)です。

今回は「ワンダーウーマン」をあらすじとともにレビューしていきます。

皆さん、アメコミヒーローと聞いて真っ先に思い浮かべる映画ってなんでしょうか?

そう、「アベンジャーズ」ですね。

完結編の「アベンジャーズ エンドゲーム」も大成功に終わり、各ヒーローの単独映画はこれから先も公開予定とのことで、マーベル人気は続きそうです。

しかし、アメコミヒーローはマーベル産だけではありません。

少し違ったテイストのDCコミックス産ヒーローはいかがでしょうか。

今回ご紹介する「ワンダーウーマン」は続編の公開時期も決まっており、とても注目が集まっています。

マーベル作品はもう見尽くしたという人には特にオススメです。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

「ワンダーウーマン」の監督・キャスト

監督/パティ・ジェンキンス

<キャスト>

ダイアナ(ワンダーウーマン)/ガル・ガドット

スティーブ・トレバー/クリス・パイン

ヒッポリタ女王/コニー・ニールセン

アンティオぺ将軍/ロビン・ライト

パトリック・モーガン卿/デヴィッド・シューリス

エーリヒ・ルーデンドルフ総監/ダニー・ヒューストン

イザベル・マル博士/エレナ・アナヤ

あらすじ

主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

Filmarksより引用

「ワンダーウーマン」を観た感想

アクション好きにはたまらない1作かな、と思います。

ワンダーウーマンがものすごく強くて、敵を吹き飛ばしたり、車を持ち上げたり、建物を突き破ったりと、爽快感満載です。

本作の時代設定が1918年の第一次世界大戦ということで、なんだか古臭くて地味な感じになるのかと思いきや、全くそんなことはありませんでした。

縦横無尽のアクロバティックな戦闘シーンは何度観ても興奮間違いなし。

また、メッセージ性のあるストーリーが作品全体を引き締めてくれたという印象です。

それともう一つ、ワンダーウーマンのテーマ曲がめちゃくちゃかっこいい。

劇場で観たとき、戦闘とともにテーマ曲が流れた時は鳥肌が立ちました

ワンダーウーマンが強すぎる

ワンダーウーマン<画像引用元:シネマトゥデイ

DCコミックスのヒーローといえば、スーパーマンが真っ先に思い浮かびます。

彼の能力は他のヒーローたちを圧倒しており、彼がDCコミックス最強のキャラクターにも思えますが、ワンダーウーマンはそれに匹敵するほどの力を持っています。

ワンダーウーマンことダイアナは人間ではなく、粘土をこねて生まれたのですが、そのとき神々より命を吹き込まれました。

こうして特別な力を持って生まれたがゆえの強さというわけです。

また、彼女は身体的強さだけではなく、精神的な強さも持ち合わせています

本作は時代設定的に女性軽視の風潮があり、女性であるダイアナも例に漏れず、会議から締め出されるなどといった仕打ちを受けます。

そんな中でも自分の考えを持ち、凛として世の中の間違いを正そうとするダイアナは真の強さを持ったヒーローだと言えるでしょう。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

ワンダーウーマンの能力と装備

ワンダーウーマンはとてつもなく高い耐久力に、怪力、跳躍力と、人智を超えた身体能力を持っています。

これだけでも普通の人間では束になっても相手にならないのですが、彼女は戦いを助ける特殊な装備を身につけています。

まず初めに「真実の投げ縄」。

これは炎と鍛冶を司る神ヘーパイストスが作ったものだそうで、黄金に輝いています。

戦闘では相手を縛り付けたり、投げ飛ばしたりするのに使います。

実は他にも用途があり、この縄を巻きつけた相手は嘘をつくことができず、真実を話してしまいます

これで必要な情報を聞き出すという、スパイ道具のような役割も担っているのです。

馬鹿力に頼るだけじゃないワンダーウーマン、実に多彩ですね。

次は「」。

普段は背中に背負っており、マーベル好きな方はキャプテン・アメリカを思い浮かべるかもしれません。

この盾、普通の盾ではなく、大砲の砲弾をもはね返す耐久力を持っています。

また、劇中ではこの盾を構えて建物の壁を突き破る場面もあります。

どんな素材でできているのかは不明ですが、ワンダーウーマンには欠かせない装備の一つです。

そして両腕につけている「ブレスレッド」。

個人的にはこれが彼女のトレードマークとなる装備かな、と思っています。

これが結構万能でして、銃弾をはじき返したりといった防具の役割もしますが、両腕のブレスレットをぶつけ合わせることで相手を吹き飛ばす衝撃波を発生させます。

このとき、腕を前にクロスさせるポーズをとるんですが、これが彼女の決めポーズ的なものであり、この衝撃波が必殺技っぽいものかなという感じ。

この他にも彼女は様々な装備を身につけており、どれも強力なものばかりです。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

ワンダーウーマンを演じるガル・ガドットについて

ガル・ガドット<画像引用元:THE RIVER

本作の主人公ワンダーウーマン/ダイアナを演じるのはガル・ガドット

彼女はイスラエル出身のモデル兼女優なのですが、イスラエルには兵役義務があるため、なんと18歳の頃から2年間の軍隊経験を持っています

激しい戦闘シーンの多いワンダーウーマンを演じるにあたり、その経験はいいスパイスになったに違いありません。

強さと美しさを兼ね備えた、まさにワンダーウーマンそのもののような彼女だからこそぴったりな役だといえますね。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

ストーリーの舞台とメッセージ性

ここから少しだけ本作のストーリーに触れていきます。

本作の時代設定は1918年 第一次世界大戦の最中。

ダイアナは女性しかいないアマゾン族が暮らすセミッシラ島で育ち、外界の人間はまず入ることはないこの島に偶然やってきたスティーブという若い軍人に出会います

この悲しい戦争を終わらせたいという彼に協力することを決めたダイアナが立ち上がる、というのが冒頭です。

ワンダーウーマンのアクションも魅力ですが、戦争の悲惨さ、また女性軽視といった社会問題を盛り込んだメッセージ性の強さにも注目です。

ただアクションを詰め込んだだけというわけではなく、深みを持たせたストーリーがより作品を引き立ててくれています。

ダイアナの意志とスティーブの意志

セミッシラ島の外の世界を知らない、そして他の人間たちを知らないダイアナは戦争を終わらせるためには、人々を惑わす戦いの神アレスを倒さなければならないと信じています。

一方、スティーブとしてはそんなものは幻想、人間という生き物は心の何処かに負の感情を抱えており、このような醜い戦争を引き起こすのだとダイアナに説きます。

つまり、現実を見ろよってことですね。

スティーブの言う通り、人間とは元からそう言う生き物なのでしょうか。

ダイアナはそれでも自分の意志を押し通そうとします。

これがどんな結末を迎えるのか、最後まで目が離せません。

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

続編「ワンダーウーマン1984」は2020年6月公開予定 ※2020年12月18日に延期

※新型コロナウイルス感染症の影響により、公開日が2020年12月18日に延期となりました

ここまで紹介してきた「ワンダーウーマン」ですが、続編の「ワンダーウーマン1984」が2020年6月に公開予定となっています。

今度はタイトルの通り1984年が舞台となり、かなり現代に近づいてきました。

予告映像を見る限り、新しい黄金のコスチュームが登場するようですね。

前作とは全く異なる時代ということで、どんな敵、どんな戦いが彼女を待ち受けるのか、とっても楽しみです。

とりあえず今は前作を観て予習しておくのがいいですね。

みんなの評価

他サイトでの評価は以下のとおり。

Filmarks星3.7

Yahoo!映画星3.77

映画.com星3.6

どのサイトでもほぼ同じくらいで、なかなかの評価を得ています。

VOD比較
【主要VOD4社比較】映画やドラマの視聴におすすめ!動画配信サービスの選び方5つのポイント映画が大好きです。 もじやま(@mojiyamacinema)です。 普段映画を観るときはディスクを買うことも多いのですが、観た...

まとめ

ここまでをまとめると、

ワンダーウーマンが強すぎる

メッセージ性を持ったストーリー

続編の公開前に予習しておこう

いかがだったでしょうか。

ワンダーウーマンはDCコミックス最強格の力を持ったヒーローであり、彼女が複数の敵を次々なぎ倒していくのは爽快感抜群です。

そんな彼女ですが、人間、戦争など様々な葛藤を抱えながら外の世界を理解していきます。

周囲の仲間からの刺激を受けて成長する彼女と、逆に彼女からの影響を受ける人々の姿を描いた作品でもあります。

爽快なアクションと深みのあるストーリーを併せ持った本作、続編公開までに鑑賞みてはいかがでしょうか。

それでは!

 

———————————————————–
本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
———————————————————–

ABOUT ME
もじやま
もじやま
映画が大好きで、持っている映画ディスクが150枚を超えました。 おすすめ映画のレビューや解説を専門用語なしでお届けしています(毎週水・土19:00更新)。 ツイッターではブログの更新をお知らせしたり、毎日1本観た映画のあらすじとレビューをつぶやいています。 ぜひフォローお願いします!
【主要VOD4社比較】実際に使ってみてわかったこと
VOD視聴方法

映画やドラマの視聴におすすめな主要VOD4社の特徴をまとめて比較しました。

VODを利用してみたいけど、どれが自分に合うのかわからないという方はぜひチェックしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です